沿革

昭和 35 年 神戸市製菓製パン機械商大阪屋商事ポリスター事業部として発足する。
昭和 46 年 関西地区に営業権をもつ関西日本ポリスター株式会社として発足し、自社製品である 小型包装機械の開発販売ならびにフィルムの販売を行う。
昭和 48 年 卓上角折包装機 KU-9 を開発する。
昭和 49 年 小型逆ピロー包装機 300MG を開発する。
昭和 56 年 本社手狭により甲賀郡甲西町夏見 1781 番地に移転する。
昭和 57 年 東南アジア各地の引き合いにて輸出業務を開始する。
昭和 61 年 日本ポリスター株式会社に社名変更を行う。
昭和 63 年 東京都葛飾区新宿 4-18-5 に新社屋を落成し、東京支店を移転する。
平成 2 年 本社工場を拡張及び円滑化を目指し大幅に増築する。
平成 3 年 設計業務の高速化、効率化を目指し CAD を導入する。本社ビルを落成する。
平成 5 年 汎用機専用組み立て工場として有限会社スターテックを設立し運用を開始する。
平成 6 年 株式会社合理化技研と合併し、福島工場を福島県双葉郡楢葉町楢葉南工業団地に設立 し、操業を開始する。
平成 7 年 マイコンを装備した逆ピロー包装機プロトμ3 を発売し、プロトシリーズを展開する。
平成 8 年 特需システム部門の業務拡充をめざし、本社より分離独立し、有限会社スターテック と統合する。同時に社名を有限会社ポリスターエンジニアリングに変更する。
平成10年 ゴミ問題に考慮した省資源・ノートレー包装機 NP1500 を発売する。
平成11年 正ピロー自動包装機プロト AB70 を発売する。
平成12年 ノートレー包装機 NP500 を発売。 逆ピロー包装機プロト F シリーズを発売する。 高速逆ピロー包装機プロト RB60 を発売する。
平成13年 大韓民国の東湖機械株式会社と技術提携契約を結ぶ。
平成14年 創業 30 周年を迎える。 中華人民共和国 上海市に包利思特机械(上海)有限公司を設立する。
平成15年 正ピロー自動包装機プロト AB80 を発売する。 小型逆ピロー包装機 eg1 を発売する。
平成17年 本社手狭により現在地に移転する。 小型正ピロー自動包装機、eg7、eg8 を発売する。 金属検出機能付き包装機を発売する。
平成20年 小型給袋包装機 CUPA シリーズを開発し、発売する。
平成21年 逆ピロー包装機プロト F シリーズをフルモデルチェンジし、発売する。 逆ピロー包装機プロト u シリーズをフルモデルチェンジし、プロト Z シリーズとして 発売する。
平成22年 逆ピロー包装機 PBF600 を発売する。 自動測長機能、PAMS(Polystar Auto Major System) を開発する。

お問い合わせ

包装についてのお困りごとやご相談、
製品のお問合せ・資料請求はこちら

 よくあるご質問
ページの先頭へ戻る